上尾市の葬儀マナーについて

上尾市での葬儀の一連の流れ

上尾市での葬儀の一連の流れの写真

葬儀では短時間でやることがたくさんあります。

愛する人が危篤状態にあることを医師から告げられたら、家族や親戚など、できるだけ早く会いたい人に知らせましょう。遠くの命を見たい人は、生前に知らせておくことも考えてみてはいかがでしょうか。病院で故人が亡くなった場合は、部屋から安置所に移動することになります。故人を搬送する際には「死亡診断書」が必要となりますので、医師から入手する必要があります。故人が病院で亡くなった場合、霊安室から数時間以内に故人を移動させる必要があるため、霊安室から故人を搬送するための寝台車を手配する必要があることが多いです。また、病院霊安室で待っている間に搬送をしてくれる病院系列の葬儀社もありますが、葬儀社が決まっている場合は搬送をお願いしましょう。病院や施設からご自宅まで、寝台車で故人様を搬送します。故人が自宅に埋葬できない場合は、葬儀社や葬儀社に通夜・葬儀を依頼しましょう。葬儀社にお会いして依頼をします。不幸なことが起こり次第、早めに家族葬の相談をするようにしましょう。葬儀の日程や場所、葬儀の内容などをケースバイケースで決め、予算も考慮して決めましょう。縁結びの儀式は、古くから伝わる大切な儀式で、故人に服を着せてお見送りをするものです。儀式は、最後の段階である水遣りから始まり、熱いお風呂、デスメイク、そしてエンコフィリングを経て、最後に故人にまつわるアイテムや故人の想いを棺に納めるというものです。昔は、故人に近い人が一晩中通夜に参列していましたが、現在では参列者が参加して2時間程度の通夜が一般的になっています。通夜の後には、出席者を招いて飲食をする「通夜」という儀式があります。故人の冥福を祈り、最後のお別れをする儀式です。通常は通夜の翌朝に行われます。お別れの際には、棺の中に花を入れて故人との最後のお別れをした後、火葬場へと一行は進みます。火葬後は、近親者が遺灰を安置することになります。多くの場合、火葬に必要な火葬証明書は葬儀社が手配し、火葬後は埋葬証明書として押印して返却することになります。この法要は、故人が亡くなってから7日目から数えます。最近では、葬儀当日に告別式を行うことが一般的になってきており、上級の初七日として、故人の遺灰をお迎えする法要と合わせて行うことが多くなってきています。先行第一回七回忌法要の後、司祭と参列者が精進料理を食べる。テーブル席では、葬儀の際にお世話になった方への感謝の気持ちを伝えることができます。祭壇は、ご自宅に故人様のご遺体と白木の祭壇、故人様の似顔絵をお供えして設置します。祭壇は故人の四十九日まで設置され、通夜や葬儀に参列できない方は法要が終わるまで行うことができます。